予防歯科の考え方 | 口内環境の健康維持を目的に行うインプラント施術について

口内環境の健康維持を目的に行うインプラント施術について

予防歯科の考え方

歯科で力を入れていることは虫歯にならないために予防すること

 歯科が、子どもの歯の予防について勧めていることは、幼児の間から歯の定期点検を受ける習慣をつけておくことです。小さい子どもは、歯科特有の機械音や雰囲気が怖くて嫌がって泣いてしまうことも多いですが、子どもに無理のない範囲で、少しづつ歯科に慣れさせていき、歯の検診を受けられるようにしてくれるクリニックを探すと良いです。  乳歯から永久歯に生え変わる時期が、一番虫歯になりやすいと言われています。全ての歯が完全に永久歯になる時期に個人差はありますが、だいたい小学6年生までに全ての歯が永久歯になります。この間は特に、こまめに定期検診を受けておくと虫歯になりにくくて丈夫な歯になります。歯科では、歯科や患者さんの歯の健康状態によりますが、虫歯予防のために、4か月に一回、半年に一回ほどのペースで検診を受けることをお勧めしています。

虫歯予防ではどのようなことをしてもらえるのか

 虫歯予防の定期検診を受けるとどのような予防をしてくれるのかをご説明します。定期検診の都度、プラークのチェックや歯のクリーニング、メンテナンスなどを行います。  磨き残しによって付着する歯垢や歯石を除去します。これらの汚れが残ったままだと、虫歯の原因の一つになるので、超音波などの専門器具を使用してきれいに取り除いてくれます。  食べ物や飲み物による歯の着色も磨いてきれいにします。着色も汚れの一つですので、定期的に取っておく必要があります。  汚れが全て取り除かれきれいになれば、虫歯になりやすい奥歯を中心に、虫歯予防の薬をつけます。生えかけの歯や奥歯の虫歯になりやすい溝に、薬を塗って固めます。この薬は、固まるので数か月は歯にくっついていて虫歯予防の効果は抜群です。最後には、フッ素を塗って予防完了です。  あとは、噛み合わせや、歯の生えてくる向きなども、必要に応じてレントゲンを撮って確認してアドバイスをしてもらえます。  ここまで、虫歯予防のことを考えて親切、丁寧に接してくれる歯科を利用することが重要です。